2005年09月29日

【写真】・深夜のあやしいショーケース


新竹の深夜、いろいろおいしいものを食べた後に閉店後のレストランショーケースを覗く。満腹なのに気になるわ気になるわ・・・これを食べ尽くすには何日滞在しないといけないか指折り数えたりする。全体的に洋風・・・というか日本的洋風やねこれは。巨大な「エビフリャ~」があったりする。別に名古屋風に発音することはないけどね(笑)。下の写真のメニュー左上から時計回りに炸綜合飯(茶碗蒸付)180元、巨大泡芙250元、右奥の3つ各種泡芙?元(値段見えない)、右中の3つ冰淇淋(ピンチーリン)30元、右手前の加里鶏蛋飯(←中国漢字が出ないのでやや当て字:つまりチキンカレー&卵飯)90元、加里可楽餅飯(同様に当て字:つまりカレーコロッケ飯;「可楽餅」=「コロッケ」発音から来ているのでしょう)130元、そして最後の左下はたぶんカレーエビ飯でしょう(値段不明)。ちなみに換金レートは1元=3.4円です。さあ、あなたならどれを食べますか?・・・えっ?吾輩?・・・う~んとねぇ~・・・巨大泡芙!(甘党でごめんね)。(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!!

2005-09-29 22:26:12



↓台湾旅行するなら必携ですぞ

台湾
  

Posted by Rich氏 at 08:35Comments(2)

2005年09月29日

【写真】台湾の牡蠣入りお好み焼き・オアチェン


オアチェン(●仔煎:●は虫へんに可)は牡蠣をサツマイモ粉と卵でとじて餡かけにした台湾のお好み焼きで、まだ腹7分目だった吾輩はビーフン屋から席を移動して、老舗「王記」へ移った。そこには市場に似つかわしくなくクーラー付きの席があった。市場の中は火を使う食堂が多いので結構な気温になるのだ。しかし調理は人通りの激しい市場の中であり、おばちゃんは眉間に皺を寄せて汗だくになって焼き続けていて注文は絶えることがなかった。家族総出の経営らしく、クーラーの席まで運んできてくれたのは小学生低学年の息子であった。彼はお手伝いの合間に隅のテーブルでちゃんと宿題をしているようで、なかなか二宮金次郎してるのだった。餡がほんのり赤いのはケチャップのようなものを使っているためだろうか、その赤と卵の黄と白菜の緑と牡蠣の灰色のコンビネーションともちもちした食感がさらに吾輩の食欲を増してくれた・・・う~ん旨い!(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!!

2005-09-29 07:32:33



↓台湾旅行するなら必携ですぞ

台湾
  

Posted by Rich氏 at 08:35Comments(0)

2005年09月29日

【写真】台湾の小吃(軽食)・水餃子♪


ビーフン、貢丸湯、オアチェンと食べてフィナーレは水餃子!

水餃子は個数単位で注文できるから小腹がすいたときや食後に物足りないときなどに気軽に食べられる。たしか1個2元(約7円)だった。いくら個数単位でもさすがに「1個!」などと注文するのは憚るので吾輩はとりあえず10個を頼んだ。左側のスープは無料サービスの貢丸湯。魚肉団子に十字の切り込みが入っているのがおもしろい。その筋の人に言わせると団子からもダシが出るので切り込みは理にかなってるとのことだ。さっき貢丸湯を食べたばかりだが貢丸湯は店ごとに持ち味を出しているらしくこれまたおいしいかった。ま、吾輩は台湾で何を食べてもおいしいおいしいとほざいてばかりいるのであるが、本当に何を食べてもおいしいのだから仕方がないのだ。(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!!

2005-09-29 18:26:11



↓台湾旅行するなら必携ですぞ

台湾
  

Posted by Rich氏 at 08:35Comments(0)