2005年10月02日

【写真】台湾の果物・おいしい蓮霧(レンブ)♪


おっと、大事なものを忘れていたのですね~。枋寮(ファンリャオ)ではこれも仕入れました。台湾南部に来たらこれを食べないと始まらない。その90%近くが屏東県産という吾輩が大好きな蓮霧(レンブ)です。北京語ではリェンウーと読む漢字ですが、一般的に台湾語のレンブと呼ばれます。フトモモ科の果物で英語ではrose appleというらしいです。形はピーマンのようでリンゴのような皮と実の色ですが、リンゴほど実の密度がなく、囓るとサクッと軽快な音がしてわずかに果汁がしたたり、さわやかであっさりした酸味と香りを楽しめます。列車で台湾を南下してくると、道路沿いに蓮霧売りが次第に増えてくるのがわかります。台湾南部の風物詩でもあり、蓮霧売りを見つけると、ああ南台湾にやって来たんだなあ~と感じます。枋寮駅前広場の片隅にも露店の蓮霧売りがいました。あいにく写真を撮るのを忘れたのですが、売り場には立派な蓮霧が山積みにされていて、中には贈答用らしい箱入り蓮霧もありました。しかし吾輩は、ちょっと悪くなりかけ、つまり痛んできたヘタや先っちょを切り落としたお徳用ビニール袋入り10元也を買いました。見た目は良くないですが、こういうのがおいしいのですね。(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!!

2005-10-02 18:22:23



↓台湾旅行するなら必携ですぞ

台湾
  

Posted by Rich氏 at 08:35Comments(0)

2005年10月02日

【写真】台湾の田舎へ!枋寮(ファンリャオ)駅前にて


鈍行列車で枋寮(ファンリャオ)という駅へやってきた。引き続き南廻線の鈍行に乗るのであまり時間がないが腹が減っていた。駅に降りてまず感じたことは空気がおいしいことだった。都会ではバイクの運転手は揃いも揃って大きなマスクをして排気ガスをふりまいて走っていて空気は濁っていた。やっぱり田舎はいいなあ・・・などとのんびりも出来ないのがつらいところで、限られた時間内で何か仕入れないと夕方の台東まで何も喰うものがなさそうなのだった。食いしん坊じゃない仙人だったらこの空気だけで満足するのだろうがあいにく吾輩はそうはいかない。都会では空気が悪いことと引き替えに喰うものに困らなかったが・・・幸い少し歩くとセブンイレブンがあった。「小龍湯包」の箱をレジに差し出して電子レンジにかけてもらった。列車に戻って蓋を開けると湯気が上がった。して、味は・・・おいしい空気の中で食べるものは何でも旨いのだった!(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!!

2005-10-02 09:19:53



↓名物店の小龍包セットが送料込み\2,604ですぞ

★★★
  

Posted by Rich氏 at 08:35Comments(0)