2005年10月05日

【写真】豆乳飲んで楽しい台湾の汽車旅♪


新幹線が試験運転されていて近い将来高速鉄道網が完成する台湾ですが、世の中急ぐことばかりが能ではない・・・こうして鈍行列車に揺られる旅も良いものなのですね。台湾では自強號、●光號(●=くさかんむり+呂)、復興號が日本での特急、急行、快速に相当するようですが、一番下位の列車が普通快客で、写真のように長編成で長距離を走る客車列車もあります。そのほとんどがいつもすいていて小駅にのんびりと停まってゆき、速い列車に追い抜かれる時には長い時間停車します。そんなとき、あたりは静まりかえって小鳥の鳴き声が聞こえたり窓からさわやかなそよ風が入ってきたりします。発車するときは先頭機関車が汽笛を鳴らし、ディーゼル音が風に乗って力強く聞こえ、ゆっくりゆっくり加速してゆきます。じつはこのような普通客車列車はかつて日本にもたくさんあったのですが、鉄道の高速化と合理化でなくなってしまいました。吾輩、目を閉じると日本の国鉄時代に戻ったような気がしました。台湾も鉄道高速合理化で、だんだんこのような鈍行列車がなくなってゆくのかもしれません。目を開けると窓の外には椰子の木が生えてるし、目の前には豆漿(豆乳)がありました。ああ、台湾を旅行してるんだなあと改めて思う瞬間でした。(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!!

2005-10-05 05:47:43



↓吾輩が愛用している豆乳メーカーですぞ

★★★


  

Posted by Rich氏 at 08:35Comments(0)

2005年10月05日

【写真】台湾の駅売店におもろいもん発見!


台湾鉄道の駅売店の写真です。「民営販売亭」は、まあ日本でいうキオスクですな。「味全牛乳・清涼・・」の「味全」は、まあメーカー名でしょうが、その看板を侵略しているのは日本語いっぱいのUCCコーヒーじゃあ~りませんか!「アロマ実感! レギュラーコーヒーのトップメーカーだから本物の香りと味にこだわります!!」だと?・・・いったい何人の台湾人に読んでもらえる文字なのかなあ・・・と小生素朴な疑問を覚えました。しかしこういうのは日本にもよくありますね。つまり英語で何やらかにやら書いてある看板。いったい100人のうち何人の日本人がこの英語を理解しているのかや?と素朴な疑問を持つわけですが、まあこういうのはそもそも理解する人がいなくても実害はないのですね。ファッションですファッション。(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!! で、その「民営販売亭」の販売商品に目をやると・・・なぜかプラットフォームの売店なのに「海苔」を売っている。しかもその名も「元本山」。その左には、みなさん見えますか~?「バターココナット」でした!・・・ボルトとナットのナット?歯が欠けそう・・・何度も言うようですが、こういうことは気にしなくて良いのです。日本語だということで万事がOKなのです。あんまり細かいこと気にしていたら禿げますよ。(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!!

2005-10-05 17:03:36



★★★←ちなみに吾輩コレが好き。100円♪

★★★←吾輩好物の飲料(吾輩は紅茶党)
  

Posted by Rich氏 at 08:35Comments(0)