2006年04月08日

【写真】台湾・台南「赤嵌棺材店のおいしい食べ物♪」


ともかくここは食の都「台南」! おいしいもの食べにレッツラゴー!・・・ということで、いよいよおいしい写真ですよ~ん、そこの奥さん!(≧∇≦)



「康楽市場」というところにやって来ました。



ここにたどり着くまでに一苦労しました。



というのは、入り口がわからずに、市場があるだろう一郭をぐるぐる30分も歩いてしまうほどでした。その周辺は商店街で押し合いへし合いのものすごい人混みだったのです。



しかし、何人もの人に訊きつつやっとのことで見つけた「康楽市場」の入り口は、皮肉にもこのように閑散としていました・・・



001_01_sakariba.jpg



しかも「さかりば」などと、怪しい当て字の目立つ看板がありました。



サルでもわかりそうな場所なのに、なぜに吾輩にはわからなかったのでしょう・・・_| ̄|○



001_02_ichiba.jpg



一歩中にはいると、このように細い路地に、飲食店が並んでいます。



ちなみにこの写真、「すのじ63」さんの「勝手にコラボ・23の台湾」でちょっとメルヘンチック(?)に料理されています。ぜひ一度見てくださいね!(2006/04/15加筆byRich)



その中の一軒が「赤嵌棺材店」という「棺材板」の老舗です。



001_03_rest.jpg



ど~ですか! 狭い通りで店全体を撮影するために魚眼レンズを使いました。画像がゆがんで見えますが、実際に店がゆがんでるわけではないですので誤解しないでね~。実際にこんなゆがんでる店があったら気持ち悪いですよね! _| ̄|○



さて、「棺材板」という食べ物が生まれたのが台南のここ「赤嵌棺材店」ということになっていて、それは65年以上も前の日本統治時代のことだとのことです。それから「赤嵌棺材店」は「棺材板」一筋でずっと続いていると・・・



いや~、今回の旅の目的のひとつがここなのでした。



「棺材板」の発祥の食堂で「棺材板」を喰うことを夢見て日本からはるばるやってきたのです。



「棺材板」とは「棺桶の材木の板」という物騒な意味の漢字なのですが、以前の吾輩の台湾日記でも登場してますのでご参考に・・・。でもあのときは老舗ではなくて、そこらへんの名前もチェックしてないような店でしたが・・・でもおいしかったのですよ~ん。



さてさて、その「棺材板」を注文するやいなや、すぐに運ばれてきました!



001_04_kan_oke.jpg



ど~ですか! 老舗の貫禄でしょうか、給仕の素早いこと!



さっそくふたを開けましょう!



001_05_futaakete.jpg



ど~ですか!



今でこそ、多くの食堂や屋台で「棺材板」を出すのですが、ここが本家本元だということで、感慨深いものがあります。



う~む・・・旨いではないか!



ちなみに卵とキャベツのスープは無料サービスです。自助(セルフサービス)なので自分で席を立って自分でよそってくるのです。



さて、ここのもうひとつの名物は「炒乾(魚善)魚意麺」とのことで、吾輩はそれも食べるのです。



(魚善)魚の()内はひとつの漢字です。和訳すると「田ウナギ」とのことで、田ウナギ自身をよく知らない吾輩にはピンとこないのですね。



ところで最近知ったことなのですが、台湾在住の□オ−リ□さんによると、(魚善)魚を食べると頭が悪くなる=アホになる?ということで、□オ−リ□さんは子どもの時、母上は食べさせてくれなかったらしいのです。



□オ−リ□さんはこう書いています『母が「頭が悪くなるから」と言って、食べさせてくれないんです。自分は食べるくせに。意味不明です。』



あ~ぁ、吾輩、何も知らずに食べてしまいました・・・



001_06_unagi.jpg



ど~ですか!



旨そうでしょ?



旨いんです!



(魚善)魚はウナギのように脂肪はなく、あっさりしたアナゴかドジョウのような食感でした。



しかし・・・アホになったかな? _| ̄|○



でも吾輩、もともとアホやからええねん!



(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!!



mos.jpg

_| ̄|○

↑蚊に襲われるRich氏を助けて~。蚊を叩いてね!Rich氏を叩かないでね!

banner_03.gifからの「蚊」だという噂もあります・・・



★★★(≧∇≦)ぶぁっはっはっ星人の「大宇宙の中の小さなお店」★★★



★★★←本ブログの写真撮影に使っている吾輩愛用のカメラです。最近、楽天で廉価販売されてるようで・・・。吾輩が買ったときは高かったんだゾ!・・・はぁ・・・_| ̄|○

★★★←送料無料の「半熟」スイートお試しセットだ~んムフフ♪

★★★←アジの干物いらんかえ~?

★★★←大阪のおいスィ~餃子!あの『みんみん』やで~♪

★★★←初登場!インド紅茶のお店~♪ チャイもあるでよ!
  続きを読む
Posted by Rich氏 at 08:35Comments(0)

2006年04月08日

【写真】台湾・台南「本屋にて」


話が前後するのですが、鉄の話題ちょっとだけ・・・



先日お見せした鉄道グッズのうちのサボの説明の続きです。



001_00_sabo.JPG



ど~ですか、裏面は「往台東(台東行き)」となっていますね!



表側は「往高雄」でしたね。



これは1991年から営業を始めた南回り鉄道で、開業直後の列車で使われていたサボだと思われます。ペンキの吹きつけで簡易的に作ったこのサボは、おそらく開業当時正式なサボが間に合わなかったため暫定的にこのサボを掲げて走っていたのだと思われます。その後正式なサボができあがったのでこのサボは廃棄され、このようにゴミのような鉄道グッズになってしまったようです。



ど~ですか。こんな汚いサボでも、いろいろと想像が尽きないんです。



つまり見る人から見れば、このサボは非常に高いプレミアムが付いている可能性があります。



もしかすると30万円でも売れるかも?



でも吾輩、これは宝物なので誰にも売らないので~す。(≧∇≦)



・・・という自慢話はこの辺で・・・



台南の宿の横が本屋なので、ちょっと立ち寄りました。



001_01_book1.jpg



ど~ですか。この本は日本でも話題になった「ブルーオーシャン戦略」ですね。



原書は「Blue Ocean Strategy」ですが、台湾では「藍海策略」と訳されています。



ビジネスに対する情熱家が多い台湾では、この本はベストセラーの一冊かもしれません。



さらに本屋内をウロチョロすると・・・お!



001_02_books2.jpg



こんな本を見つけました。



その名も「台湾小吃遊」



2006年の最新版とのことです。



おいしそうな写真と共に台湾全土285件の屋台や小食堂が地図と住所入りで解説されている368ページにわたるムックです。



吾輩、280元(約千円)で購入しました。



これがあればまずひととおりおいしいものに巡り会えることができそうです。



この本で紹介されている店を一通り味わってから、あとは吾輩独自の感で、さらに旨い店を見つけたいと思います。



なんせこの本、味にうるさそうな台湾人の編集ですから、その情報筋には信頼が置けるに違いありません。



ちなみにこのムックの姉妹本として、「極景・美食 温泉湯」や「民宿・珈琲・茶」というのもあってかなりそそられたのですが、残念ながら旅の途中でこれ以上荷物が増えてしまうのが嫌だったので購入は控えました。



そーなんです。吾輩すでにあの巨大な蚊取り線香も抱えているのですから・・・_| ̄|○



・・・ということで能書きはこの辺で、ともかくここは食の都「台南」!



おいしいもの食べにレッツラゴー!



(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!!



mos.jpg

↑(≧∇≦)ぶぁっはっはっ星からの使者です。あなたには叩けるかな~?

banner_03.gifからの回し者という噂もあります・・・_| ̄|○



★★★(≧∇≦)ぶぁっはっはっ星人の「大宇宙の中の小さなお店」★★★



★★★←本ブログの写真撮影に使っている吾輩愛用のカメラです。最近、楽天で廉価販売されてるようで・・・。吾輩が買ったときは高かったんだゾ!・・・はぁ・・・_| ̄|○

★★★←送料無料の「半熟」スイートお試しセットだ~んムフフ♪

★★★←アジの干物いらんかえ~?

★★★←大阪のおいスィ~餃子!あの『みんみん』やで~♪

★★★←初登場!インド紅茶のお店~♪ チャイもあるでよ!
  続きを読む
Posted by Rich氏 at 08:35Comments(0)