2007年06月25日

【台湾・桃園】桃林鐵路で台湾鉄道全線完乗! その3


鉄ちゃんの話題は続きます。



え? そこのアナタは「うま~い」の話の方がいいって?



もうちょっとおつきあいくださいませ・・・(≧∇≦)



というわけで、桃林鐵路の気動車はいよいよ出発時刻を迎えました







ど~ですか。



運ちゃんはブレーキを緩め、ノッチを入れました。



列車はエンジンを振るわせて、桃林鐵路桃園駅の小さなプラットフォームを、ゆっくりと後にしました。







ど~ですか。



このように台北方面へ向かう本線と並行して走るのです。



写真のように、傍らを台北方面へ行く電車がスイーッ!と追い抜いて行くのでした。



だって、こっちは加速がのろいローカル線の気動車なのですから追い抜かれるのは仕方がありませんね。(≧∇≦)







ど~ですか。



桃林鐵路の単線のレールは本線より少し低いところを走り、いよいよ本線と分かれる気配が漂ってきました。



写真のように、本線と比べると、こっちの線路の上空には架線がないのがわかりますね。



そーなんです。



こっちは非電化なので、ディーゼルカーしか走れないのです。







ど~ですか。



いよいよ本線と分かれる瞬間です。



この鉄道は初めて乗るので、この線路の先に未知の世界が開けるようでもあり、わくわくします。



実際にはこのような町中のローカル線でわくわくするような景色が広がることなど希なのですが、それでも今回のような初乗りの鉄道には、吾輩の気持ちを高揚させてくれるカンフル剤のような効能があるのですね。(≧∇≦)



さてここで別の画像をお見せいたします。







ど~ですか。



これは先日桃園から台北に向かったときの車窓から撮った写真です。



つまり、本線から見た桃林鐵路の「別れ際」なのです。



非電化のか細い単線が左側に去っていくのがわかりますよね。



いや~、実にマニアックな写真と思われるかもしれませんが、鉄系のヒトにはこのように線路が分かれたりくっついたりするのが、得も言われぬほどの楽しみになるのですよ!



(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!!



<おしらせ・その1>

吾輩の分身がこっちのブログでも只今列車に揺られていま~す!おっ!?Rich氏の姿がついに公開?(≧∇≦)



<参考>

~何でもランキング「おすすめの水ようかん」~

お中元用としてはもとより、自分用にも買って食べたい気分ですな~(≧∇≦)

(日本経済新聞「NIKKEIプラス1」2007.06.23号より)

1位:虎屋「水羊羹」

2位:桃林堂「生水ようかん」

3位:たねや「のどごし一番本生水羊羹」

4位:鶴屋吉信「涼涼水ようかん」

5位:鍵善良房「甘露竹」

6位:仙太郎「丹波みくまり」

7位:湯沢屋「湯沢屋の水ようかん」

8位:鶴屋八幡「水ようかん」

9位:白松がモナカ本舗「白松が水ようかん」

10位:源吉兆庵「飲む水ようかん」



○| ̄|_    inoshishi.gif

↑そういえば今年の干支はイノシシですねぇ・・・このイノシシ君を叩いて(クリック)して縁起を担ぎませんか? あなたには叩けるかな?

イノシシ君は
banner_03.gifからの使者です。Rich氏のブログは今何位かな?
  
Posted by Rich氏 at 08:35Comments(0)

2007年06月24日

【台湾・桃園】桃林鐵路で台湾鉄道全線完乗! その2


桃園駅脇のひっそりとした場所に桃林鐵路の乗り場をようやく見つけた吾輩は・・・







ど~ですか。



プラットフォームに上がってみました。



列車には灯台とか大きなアーチ橋などの、どこかの観光地の絵がきれいに描かれていました。



そしてプラットフォームや駅名票などが、決して古いものではないことに気付きました。







ど~ですか。



振り向くとこんな感じです。



列車が忙しく行き交う本線の桃園駅を背景に、ここは世間からかなり隔たった感じの駅なのでした。(≧∇≦)



終点の駅に特有の列車止めも、コンクリートやゴムの状態が、見るからに新しい作りですね。



それに、前回の写真でも想像できたように、この駅はもともと駐車場であった片隅に、比較的最近作られたように見えるのでした。



お!? 右手に、この鉄道に関する重要な手がかりがつかめそうな看板がありました!







ど~ですか。



「桃林鐵路客運通車誌」です。



さっそく要約してみましょう。

※危うい訳もあるかもしれませんので、気付いたことがあればご指摘くださいね。(≧∇≦)



 桃林鐵路は桃園駅から台電(台湾電力)林口火力発電所に至る全長19.2kmの路線で、民国56年(1967年)に完成しました。



 当時の主目的は台中から発電所に供給する燃料を運び入れるためで、全盛期にはたくさんの専用側線があるほどでした。燃料を運送する目的の貨物支線は当時は国内でも希少な鉄道でした。



 時代は移り変わり、沿線周辺には過密な住宅地や風景区および商業地帯などが発展し、貨物運搬鉄道としての地域の期待は薄れてゆきました。



 その後、8里(約32km)離れた台北港が完成し、林口発電所への燃料は台北港を経由するようになり、40年近く続いた桃林鐵路の貨物運搬の任務は終わり、鉄道の存続が危ぶまれてきました。



 このようなめずらしい存在の鉄道資源を保存するために、また今後もこの鉄道を永続的に利用するために、桃園県府は民国93年(2004年)10月、台鐵と共同で桃林鐵路の運営し、貨物輸送から客運への変換を果たしました。



 現在、桃林鐵路には客車列車が走り、当面県民は運賃無料としました。地方自治体によるこの種の鉄道経営の例として、国内鉄道経営の斬新さがモデルとして取り上げられることにもなりました。



 将来、中正機場への路線として、また、桃園環状鉄道の敷設計画として桃林鐵路を桃園交通系統の一環に組み入れ、県民にさらなる便利さを提供できる運輸サービスを行ってゆくつもりです。



桃園県長、朱立倫、民国94年(2005年)10月




ど~ですか。



やっぱりこの鉄道路線もプラットフォームも、客扱いとしては新しいのでしたね。



文面によると、ほんの2~3年前に出来たばかりなのです。



どうりで吾輩が知らないはずなのでした。(≧∇≦)



それにしても、国際空港への鉄道路線になる可能性があるとか、桃園県の環状鉄道の一環になる計画があるとか、一日2往復のローカル線にしてみれば、将来有望な立場におかれているような気もします。



そういえば台灣地図帳を見ると、この桃林鐵路は桃園国際空港の北側を掠めるように横切っているのでした。



空港への鉄道に利用できるように開発すれば、本当に便利な交通機関になる可能性があるかもしれませんね。



空港から桃園経由で台北、もしくは新竹や台中方面への鉄道便も考えられますね。



今のように、空港からバスかタクシーしか移動手段がないというのより、鉄道でつながれば今より数段快適で高速な移動が可能になるだろうし、桃園にも客が滞在する可能性もあり、土地価格も上がって商業も発展し、桃園はもっと繁栄するに違いありません。



ああ、吾輩が桃園の知事だったらこの計画を是非推し進めたいものです。(≧∇≦)



さあ、そういうわけで、桃林鐵路の謎が氷解したところで・・・







ど~ですか。



車内です。



空いてますね。(≧∇≦)



空港鉄道への夢などを考える以前に、このローカル線の存続は大丈夫でしょうかと心配になります・・・_| ̄|○



しかし、発車時刻の6:55に近づくにつれ・・・







ど~ですか。



ジャージ姿の女子高生が次々と乗り込んできて・・・







ど~ですか。



発車間際には立ち客も出るほどの盛況ぶりを見せるのでした。



さあいよいよ出発時刻です!



<続く>



(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!!



<おしらせ・その1>

吾輩の分身がこっちのブログでも只今列車に揺られていま~す!おっ!?Rich氏の姿がついに公開?(≧∇≦)



<参考>

~何でもランキング「おすすめの水ようかん」~

お中元用としてはもとより、自分用にも買って食べたい気分ですな~(≧∇≦)

(日本経済新聞「NIKKEIプラス1」2007.06.23号より)

1位:虎屋「水羊羹」

2位:桃林堂「生水ようかん」

3位:たねや「のどごし一番本生水羊羹」

4位:鶴屋吉信「涼涼水ようかん」

5位:鍵善良房「甘露竹」

6位:仙太郎「丹波みくまり」

7位:湯沢屋「湯沢屋の水ようかん」

8位:鶴屋八幡「水ようかん」

9位:白松がモナカ本舗「白松が水ようかん」

10位:源吉兆庵「飲む水ようかん」



○| ̄|_    inoshishi.gif

↑そういえば今年の干支はイノシシですねぇ・・・このイノシシ君を叩いて(クリック)して縁起を担ぎませんか? あなたには叩けるかな?

イノシシ君は
banner_03.gifからの使者です。Rich氏のブログは今何位かな?
  
Posted by Rich氏 at 08:35Comments(0)

2007年06月23日

【台湾桃園】台湾鉄道全線完乗の日!「桃林鐵路(林口鉄道)」1



※楽天ブログへのリンクは切れていますので、下記の参照記事はこちら(http://taiwan.ikora.tv/sitemap.html)でご覧ください。


永康牛肉麺館の牛肉麺を食べ愛玉檸檬を賞味した後、屋台のドーナッツを頬張った吾輩は、その後バスで基隆夜市に行ってバクハツしたのです。(≧∇≦)



その時の様子は実はだいぶ以前にお話済みでございます。



話が前後して少しややこしいかもしれませんが、まだ基隆の話をお読みでない方は、よろしければ覗いてみてくださいね。



そこでは盛大にバ・ク・ハ・ツ 爆弾 したのですよ!(≧∇≦)



さて、そんなわけで基隆で夜遊びをして深夜に桃園に帰った吾輩は、駅前の宿で一夜を明かしました。



そして翌日、吾輩は朝6時頃、宿を出ました。



桃園駅の脇から「桃林鐵路」と呼ばれる支線が出ているのですが、今からこれに乗るのです。



あっそうそう、ここからしばらくは「鉄ちゃん」系の話題になりますのでご了承くださいませ。(≧∇≦)



で、その「桃林鐵路」は朝夕2往復しかないローカル線で、吾輩はいつも桃園から台北方面へ向かう列車に乗るとき、桃園駅のはずれからしばらく並行して走る単線鉄道に興味を持っていたのですね。



本線を走る列車の車窓から眺めると、「桃林鐵路」は台北方面へしばらく並行して走った後、民家の隙間に突入する感じで本線から別れ、港方面にひっそりと去ってゆくのでした。



「桃林鐵路」については「台湾鉄道時刻表」にも掲載されていて、桃園朝6:55発と夕方17:30発の2往復があります。



列車は長興という終点の駅で10分停車後折り返して戻って来るというスケジュールになっていて、長興までの所要時間は30分です。



桃園に来るたびにこの「桃林鐵路」に乗ってやろうと思っていたのですが、これまでは時間がとれずに断念していました。



じつは、この「桃林鐵路」に乗ると、吾輩は「台湾鉄道全線完乗」になるのです。(ただし烏来鉄道などの観光鉄道や地下鉄は除きます)



十数年前に初めて台湾にやってきたとき、7日間ほどの間に台湾を一周しつつ阿里山鉄道やその他のローカル線を含み全て乗車し「台湾鉄道全線完乗」を達成したのでした。

(南回り鉄道は太麻里まで完成していたので、太麻里−台東の区間も乗車しました)



その後、南回り鉄道が完成した後にも再訪し、「台湾鉄道全線完乗」は保持し続けていました。



「台湾鉄道全線完乗」のことは特に人に話すわけでもなく、単なる自己満足だったのですが、最近また台湾に遊びに行くようになって、「台湾鉄道時刻表」をめくるうちに、これまで吾輩が乗ったことのない「桃林鐵路」の存在に気付いたわけなのです。



はたして十数年前に「桃林鐵路」はあったのかな?なかったのかな?



もしかして新しいローカル線なのかしらん?



それともこれまで吾輩が見過ごしていただけなのでしょうか?



『台灣鐵路車站図誌』(蘇昭旭著・人人出版・2005年4月)によると、桃園からの支線は林口線と記されているだけで、全台294駅を掲載していると謳っている当誌にも「桃林鐵路」あるいは「林口鉄道」やその駅についての情報は何もありません。



ちなみに台灣省地図帳によると「林口鉄道」は桃園駅から海岸線に至るまで伸びています。



「林口鉄道」の林口とは台北県の林口郷のことですが、桃園から台北県林口郷の郷都林口まで鉄道がつながっているのではなく、桃園駅からはまず桃園県の海岸にある海湖という町に行き、そこからさらに海岸線づたいに県境を越えて台北県林口郷に入り、県境から2kmほどの頂寮という町に至る鉄道であるらしいです。



もっとも今日乗るのは海岸線に至るまでの長興という駅が終点なのですがね。



このように「桃林鐵路」(あるいは林口鉄道)に関しては謎が多いのですが、ともかく吾輩にとって目の前に鉄道があるなら乗らないと気が済まないのでした。(≧∇≦)



そういうわけで今朝早く起きて桃園駅に行き、「桃林鐵路」終点の長興行きの切符を買おうとしたのですが、切符売り場には「長興」の文字は見あたらず、そもそも「桃林鐵路」の文字や時刻表もありませんでした。・・・_| ̄|○



やっぱり「桃林鐵路」は今は走ってない鉄道なのかな?と思いました。



鉄道に乗るのはあきらめて、その辺の屋台で朝飯を食ってから宿に帰って、眠いので朝寝をしようとさえ思いました。



でも、吾輩は帰る前に一応改札口のおっちゃんに「桃林鐵路」と聞いてみました。



すると、駅の外を指さして「あっち!」と言いました。



鉄道に乗るのに駅の外を指さすのは実に妙ちきりんな感じでしたけどね。(≧∇≦)



吾輩は言われるとおり駅を出て、駅のはずれの方へ歩き、職員の駐車場脇のようなところを通り抜けました。



すると・・・







ど~ですか。



なんだかよくわからない場所に、とりあえず「桃林鐵路」の文字を発見いたしました!(≧∇≦)



なんだか私有地に闖入するような思いだったのですが、「桃林鐵路」の看板が指し示す方向に歩いてゆくと、行く手には・・・







ど~ですか。



プラットフォームらしきものと列車が見えました!



接近してみましょう。







ど~ですか。



ディーゼルカーがエンジンをかけたまま停まっていました。



それにしてもこの駅、駅舎も改札口もないし、そもそも駅員がだれもいないではあ~りませんか!・・・_| ̄|○



ま、切符は車内で買えばいいんでしょうけどね。







ど~ですか。



プラットフォームにあった時刻表です。



このように1日2往復しか走ってないのですね。



しかも平日のみの運行のようです。







ど~ですか。



一応駅名票があり、次の駅は2.2km先の桃園高中駅だそうです。



なんだか地元密着型ローカル線という濃厚な匂いが漂ってきますね~。



<続く>



(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!!



<おしらせ・その1>

吾輩の分身がこっちのブログでも只今列車に揺られていま~す!おっ!?Rich氏の姿がついに公開?(≧∇≦)



<参考>

~何でもランキング「女性用ウォーキングシューズ」~

散歩が楽しくなる機能的なウォーキングシューズがいろいろ研究開発されているのですな~。男性用もあるでよ!(≧∇≦)

(日本経済新聞「NIKKEIプラス1」2007.06.09号より)

1位:LD50(ミズノ)

2位:サルティスWSS367(アシックス)

2位(同順):アサヒメディカルウォークGT(アサヒコーポレーション)

4位:サルティスWSA350(アシックス)

4位(同順):サルティスWSL865(アシックス)

4位(同順):WW680(ニューバランスジャパン)



○| ̄|_    inoshishi.gif

↑そういえば今年の干支はイノシシですねぇ・・・このイノシシ君を叩いて(クリック)して縁起を担ぎませんか? あなたには叩けるかな?

イノシシ君は
banner_03.gifからの使者です。Rich氏のブログは今何位かな?
  
Posted by Rich氏 at 08:35Comments(0)

2007年06月22日

【台湾・台北】屋台のドーナッツを喰う!


永康牛肉麺館の牛肉麺を食べた後に、あっさり旨い愛玉檸檬を賞味した吾輩は・・・







ど~ですか。



道ばたで何やらおいしそうな屋台に出くわしました。



揚げ物専門の屋台のようです。(≧∇≦)



「葱油餅」が看板メニューのようでしたが、吾輩は・・・







ど~ですか。



ドーナッツを買って食べました。



台湾のドーナッツを侮るなかれ!



生地にコシがあって、とっても旨いんです。



それに何より、揚げたてでアッチッチッ!というのがたいへん貴重なのであります。





赤ハート赤ハート赤ハート うま~い! 赤ハート赤ハート赤ハート





(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!!



<おしらせ・その1>

吾輩の分身がこっちのブログでも只今列車に揺られていま~す!おっ!?Rich氏の姿がついに公開?(≧∇≦)



<参考>

~何でもランキング「女性用ウォーキングシューズ」~

散歩が楽しくなる機能的なウォーキングシューズがいろいろ研究開発されているのですな~。男性用もあるでよ!(≧∇≦)

(日本経済新聞「NIKKEIプラス1」2007.06.09号より)

1位:LD50(ミズノ)

2位:サルティスWSS367(アシックス)

2位(同順):アサヒメディカルウォークGT(アサヒコーポレーション)

4位:サルティスWSA350(アシックス)

4位(同順):サルティスWSL865(アシックス)

4位(同順):WW680(ニューバランスジャパン)

7位:ブルックスディスカバーWF(アサヒコーポレーション)

8位:ワールドマーチWM21C・PRIDE・EX(ムーンスター)

9位:ブルックスリラクサーLT−L(アサヒコーポレーション)

10位:フリーウォークLS510(ミズノ)



○| ̄|_    inoshishi.gif

↑そういえば今年の干支はイノシシですねぇ・・・このイノシシ君を叩いて(クリック)して縁起を担ぎませんか? あなたには叩けるかな?

イノシシ君は
banner_03.gifからの使者です。Rich氏のブログは今何位かな?
  
Posted by Rich氏 at 08:35Comments(0)

2007年06月19日

【台湾・台北】市場で愛玉を喰う!


永康牛肉麺館で牛肉麺を賞味した後、吾輩は腹ごなしに散歩しました。



中正記念堂を抜け、二二八記念公園で足ツボ健康歩道に挑戦し、西門方面へ向かいました。



な~に、このルートはすでに何度も歩いているいつものコースなのです。(≧∇≦)



その途中の市場で・・・







ど~ですか。



繁盛している愛玉屋さん発見です!(≧∇≦)







ど~ですか。



狭いスペースながら、いろいろなメニューがありました。







ど~ですか。



愛しの愛玉です!(≧∇≦)



暑い季節にはサッパリ爽やかのこれが一番です!





赤ハート赤ハート赤ハート うま~い! 赤ハート赤ハート赤ハート





さらに吾輩は・・・







ど~ですか。



紅豆粉圓も注文しました。



中身を見せるためにレンゲですくい上げたまま撮影したのですが、持ち手までおつゆが上がってしまって、ちょっと見た感じが良くないかもしれませんね。



しか~し、すくい上げた物体をよーくご覧ください。



そこの読者諸賢は紅豆と粉圓が混在しているのがわかりますよね!?





赤ハート赤ハート赤ハート うま~い! 赤ハート赤ハート赤ハート





粉圓というのは別名「黒珍珠」とも呼ばれる黒タピオカのことで、結構人気が高いデザートですね。



お!? ここで売ってるし!



(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!!



<おしらせ・その1>

吾輩の分身がこっちのブログでも只今列車に揺られていま~す!おっ!?Rich氏の姿がついに公開?(≧∇≦)



<参考>

~何でもランキング「女性用ウォーキングシューズ」~

散歩が楽しくなる機能的なウォーキングシューズがいろいろ研究開発されているのですな~。男性用もあるでよ!(≧∇≦)

(日本経済新聞「NIKKEIプラス1」2007.06.09号より)

1位:LD50(ミズノ)

2位:サルティスWSS367(アシックス)

2位(同順):アサヒメディカルウォークGT(アサヒコーポレーション)

4位:サルティスWSA350(アシックス)

4位(同順):サルティスWSL865(アシックス)

4位(同順):WW680(ニューバランスジャパン)

7位:ブルックスディスカバーWF(アサヒコーポレーション)

8位:ワールドマーチWM21C・PRIDE・EX(ムーンスター)

9位:ブルックスリラクサーLT−L(アサヒコーポレーション)

10位:フリーウォークLS510(ミズノ)



○| ̄|_    inoshishi.gif

↑そういえば今年の干支はイノシシですねぇ・・・このイノシシ君を叩いて(クリック)して縁起を担ぎませんか? あなたには叩けるかな?

イノシシ君は
banner_03.gifからの使者です。Rich氏のブログは今何位かな?
  
Posted by Rich氏 at 08:35Comments(0)