2007年10月19日

【写真・台湾南廻鉄道】車窓風景:南州を出発後、海を眺める


大河、高屏渓を渡り屏東県に入った列車は、7:37に県庁所在地の屏東に到着し、多数の乗客が乗り降りしました。



屏東を出発すると、もう大きな街はありません。







ど~ですか。



南州という駅を定刻の8:01に発車しました。



高雄を出発してからちょうど50分ですね。



その後、以前吾輩が途中下車した枋寮に8:22到着。



台湾鉄道西部幹線の終着駅で、ここからはいよいよ南廻線です。



南廻線に入ると・・・







ど~ですか。



このように海を眺める高台を走り・・・







ど~ですか。



このように海際の集落と、山手の耕地を見下ろすように走ります。



小木の並ぶ畑のような耕地は、おそらく蓮霧(レンブ)畑だと思います。



蓮霧(レンブ)は先日桃園でも食べましたが、全土の約90%がここ屏東県の産なのですね。



見渡す限りの蓮霧畑ではきっと食べ放題!



・・・などと勝手に妄想してしまいます。(≧∇≦)







ど~ですか。



ここから海と離れ、川をさかのぼるようにして、山手に入って行きます。



そーなんです。



ここから峠を越えると、いよいよ台湾の東海岸に出るのです。



すなわち西海岸とはここでお別れです。



さようなら~、西海岸よ! 再見!



・・・などと大げさに言っても、今夜中にはまた西海岸の桃園に戻るわけなのですがね・・・



(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!!



○| ̄|_    inoshishi.gif

↑そういえば今年の干支はイノシシですねぇ・・・このイノシシ君を叩いて(クリック)して縁起を担ぎませんか? あなたには叩けるかな?

イノシシ君は
banner_03.gifからの使者です。Rich氏のブログは今何位かな?



<おしらせ・その1>

Rich氏の商店営業中で~す。

台湾鉄道時刻表愛玉子など、商品多数ありますよ~。

冷やかし大歓迎。ぜひ覗いてみてくださいね!(≧∇≦)

<おしらせ・その2>

おっ! Rich氏、タイのアユタヤでトゥクトゥクを買いたくなる!?(≧∇≦)



<参考>

~何でもランキング「ロックがおいしい焼酎」~

秋の味覚とともに、うま~い焼酎のロックなんていかが?(≧∇≦)

(日本経済新聞「NIKKEIプラス1」2007.10.20号より)

1位.富乃宝山・芋25度・西酒造(鹿児島県日置市)

 芋焼酎のイメージを一変させたフルーティーな飲み口。

2位.中々・麦25度・黒木本店(宮崎県高鍋町)

 しっとりとした麦の風味とキレのある味わい

3位.六代目百合・芋25度・塩田酒造(鹿児島県薩摩川内市)

 軽快な口当たりでサツマイモのしっかりした風味。

4位.無一物・麦15度・壱岐焼酎協業組合(長崎県壱岐市)

 シェリー酒樽で長期熟成。

5位.吟香露・酒粕20度・杜の蔵(福岡県久留米市)

 吟醸香とキレのある味わい。

6位.三岳・芋25度・三岳酒造(鹿児島県屋久島町)

 屋久島の名水で仕込み、まろやかな味。

7位.おこげ・麦25度・老松酒造(大分県日田市)

 香ばしい麦の香りとスッキリした味わい。

7位.心水・芋25度・松露酒造(宮崎県串間市)

 熟成された柔らかい口当たり。

7位.れんと・黒糖25度・奄美大島開運酒造(鹿児島県宇検村)

 クリアで軽い風味。さらさらした飲み口。

10位.七田大吟醸酒粕焼酎・酒粕25度・天山酒造(佐賀県小城市)

 果実リキュールのような端麗な味わい。








  続きを読む
Posted by Rich氏 at 08:35Comments(0)