2007年10月31日

【写真・台湾桃園】自強號で台北へ行く(≧∇≦)


その後の台湾鉄道東部幹線の旅は・・・



屋台で朝食を食べた吾輩は宿に戻り、昼頃までおとなしく休みました。



やっぱりあんまり元気が出ない・・・



やっぱり病み上がりなのですわ・・・_| ̄|○



しか~し、何を隠そう前を隠そう、本日が台湾滞在最終日でございます。



明日の早朝に、もう桃園を発たねばなりません。



そういうわけで、お昼頃、吾輩は意を決して・・・







ど~ですか。



台北行きの切符を買って、桃園駅に立ちました。(≧∇≦)



台湾まではるばるベッドに寝に来たんではないで~、という気持ちだったのですが、さあ、どうなることやら・・・







ど~ですか。



駅では何気にジュースの自動販売機を眺めていると・・・







ど~ですか。



これ、「オイシ~イ!」んですね~(≧∇≦)







ど~ですか。



自強號がやって来ました。







ど~ですか。



吾輩は自強號の客となり、台北に向かいました。



右側に見えるのはノートパソコンですな~



吾輩のものではなく隣人のものなのですが、列車内でパソコンをいじる隣人の周辺半径1mの範囲内には、なかなか濃厚にハイテク国台湾の雰囲気が漂っているのでした。



(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!!



○| ̄|_    inoshishi.gif

↑そういえば今年の干支はイノシシですねぇ・・・このイノシシ君を叩いて(クリック)して縁起を担ぎませんか? あなたには叩けるかな?

イノシシ君は
banner_03.gifからの使者です。Rich氏のブログは今何位かな?



<おしらせ・その1>

Rich氏の商店営業中で~す。

台湾鉄道時刻表愛玉子など、商品多数ありますよ~。

冷やかし大歓迎。ぜひ覗いてみてくださいね!(≧∇≦)



<おしらせ・その2>

おっ! Rich氏、タイのアユタヤ駅で列車によじ登る!?



<参考>

~何でもランキング「ロックがおいしい焼酎」~

秋の味覚とともに、うま~い焼酎のロックなんていかが?(≧∇≦)

(日本経済新聞「NIKKEIプラス1」2007.10.20号より)

1位.富乃宝山・芋25度・西酒造(鹿児島県日置市)

 芋焼酎のイメージを一変させたフルーティーな飲み口。

2位.中々・麦25度・黒木本店(宮崎県高鍋町)

 しっとりとした麦の風味とキレのある味わい。

3位.六代目百合・芋25度・塩田酒造(鹿児島県薩摩川内市)

 軽快な口当たりでサツマイモのしっかりした風味。

4位.無一物・麦15度・壱岐焼酎協業組合(長崎県壱岐市)

 シェリー酒樽で長期熟成。

5位.吟香露・酒粕20度・杜の蔵(福岡県久留米市)

 吟醸香とキレのある味わい。

6位.三岳・芋25度・三岳酒造(鹿児島県屋久島町)

 屋久島の名水で仕込み、まろやかな味。

7位.おこげ・麦25度・老松酒造(大分県日田市)

 香ばしい麦の香りとスッキリした味わい。

7位.心水・芋25度・松露酒造(宮崎県串間市)

 熟成された柔らかい口当たり。

7位.れんと・黒糖25度・奄美大島開運酒造(鹿児島県宇検村)

 クリアで軽い風味。さらさらした飲み口。

10位.七田大吟醸酒粕焼酎・酒粕25度・天山酒造(佐賀県小城市)

 果実リキュールのような端麗な味わい。








  続きを読む
Posted by Rich氏 at 08:35Comments(0)