2005年09月29日

【写真】台湾の牡蠣入りお好み焼き・オアチェン


オアチェン(●仔煎:●は虫へんに可)は牡蠣をサツマイモ粉と卵でとじて餡かけにした台湾のお好み焼きで、まだ腹7分目だった吾輩はビーフン屋から席を移動して、老舗「王記」へ移った。そこには市場に似つかわしくなくクーラー付きの席があった。市場の中は火を使う食堂が多いので結構な気温になるのだ。しかし調理は人通りの激しい市場の中であり、おばちゃんは眉間に皺を寄せて汗だくになって焼き続けていて注文は絶えることがなかった。家族総出の経営らしく、クーラーの席まで運んできてくれたのは小学生低学年の息子であった。彼はお手伝いの合間に隅のテーブルでちゃんと宿題をしているようで、なかなか二宮金次郎してるのだった。餡がほんのり赤いのはケチャップのようなものを使っているためだろうか、その赤と卵の黄と白菜の緑と牡蠣の灰色のコンビネーションともちもちした食感がさらに吾輩の食欲を増してくれた・・・う~ん旨い!(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!!

2005-09-29 07:32:33



↓台湾旅行するなら必携ですぞ

台湾
Posted by Rich氏 at 08:35│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。