2008年05月18日

【写真・台湾・台東】「果物夜市」で見つけたもの(≧∇≦)


そういうことで「果物夜市」で「痛みかけの果物3袋100元(370円)」と「食べ頃30元(約110円)の釈迦頭」を買ったのでしたが、さらにウロウロして他の店を覗いてみると・・・







ど~ですか。



アボカド(酪梨)ですな~



写真のこれは日本でも見慣れた大きさだったのですが、台湾のアボカドはとても巨大なのもあります。



それに台湾のアボカドはおいしいんですね~



特に牛乳と一緒にした飲み物は・・・うま~いのでございます。(≧∇≦)



さて、「果物夜市」では他に・・・







ど~ですか。



こんなものも売っていました。



そーなんです。



サトウキビなのです。



きちんと皮を剥いてビニールに入れて冷やしてあるので、このままむしゃぶりつけばまさに冷菓ですな。



そういえば宮脇俊三氏がサトウキビを買ったのもこの辺りの店だったかもしれないな、と思いました。



氏は、台東の夜ご飯でビールを飲んでほろ酔い気分になった後、果物夜市で剥いていないそのまんまの長いサトウキビを買って、その後「なんでこんなもの買ってしまったんだろう」と困ってしまって、仕方なく宿のフロントのおばさんにあげたのでした。しかしおばさんは喜ぶでもなく・・・。翌日氏がチェックアウトする時、そのサトウキビはまだフロント脇に立て掛けたまんまだったそうな。(『台湾鉄道千公里』角川書店)



その頃のことを思えば、今はサトウキビを食べやすくしてたいそう親切に売っているものですね。(≧∇≦)



さてさて、「果物夜市」で売っているのは果物だけではなく・・・







ど~ですか。



「釈迦酥」つまり釈迦頭で作ったケーキですな~



鳳梨酥(パイナップルケーキ)があるなら釈迦酥(釈迦頭ケーキ)があってもいいですよね。



しかし、箱に書いてあるように、「シャカケーキ」と言われると、なんだか仏様お供え用のケーキのようにも思えてきます・・・(≧∇≦)



他には・・・







ど~ですか。



「釈迦羊羹」ですな~



釈迦頭は糖分が多いので、なんとなく羊羹に合ってそうです。



買って食べたい気もするのですが、なぜか5本セットしか売っていませんでした。



羊羹はただでさえ重いので、旅の途中で食べきれない5本セットを買うわけにはいきませんな~(≧∇≦)



ちなみに・・・







ど~ですか。



「釈迦羊羹」の脇に書いてある日本語・・・



「美しい四季の習わしを愛でる心を、和菓子にこあて」







_| ̄|○







さらにこんなものも売っていました。







ど~ですか。



梅ゼリーのようでしたが・・・



「京都和菓子(印) あまずつぱい プりプり」







うまそうですな~









(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!!



○| ̄|_    inoshishi.gif

↑そういえば今年の干支はネズミですねぇ・・・このネズミ君を叩いて(クリック)して縁起を担ぎませんか? あなたには叩けるかな?

ネズミ君は
banner_03.gifからの使者です。Rich氏のブログは今何位かな?



<おしらせ>

おっ! Rich氏、気分はタイ・バンコクでうま~い点心を喰いたい!?(≧∇≦)







-----
EXCERPT:
Posted by Rich氏 at 08:35│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。