2009年06月14日

【台湾・高雄】新楽街スーパーマーケット~夕暮れの三多商圏

ということで高雄婆婆冰店でうま~い招牌総合氷を食べた後、新楽街(別名:金飾街)を歩いて地下鉄の絵駅の方へ戻りました。

すると駅の手前で・・・



ど~ですか。

こんなおもしろい壁画を見つけました。(≧∇≦)

先日もここを歩いていて、さっきもここを歩いてワンタン麺を食べに行ったはずなのに、この壁画に気づいたのは今の今でした。

いや~、私のように不審人物一歩手前の人間のように必要以上にキョロキョロしつつ道を歩いている人でも、こんな大きなものを見落とすのですね~

ヒトの視野というのは、結構狭いものだと改めて感じました。

また、同じ場所でも、こうして何度か来ているうちに、新たな発見をしたりするものなので、それが楽しいといえば楽しいですね~

そう思えば、発見するのを楽しみにする旅など、わざわざ遠い海外に出なくても、本当はもっと身近な場所でいいのかしれませんね・・・

たとえばいつもの通勤の道などにもね・・・

しかも、ちょっとした発見が新たな感動を呼んだり・・・

ま、大げさな話は止しますが、ともかく自分としては、新楽街を何度も歩くうちに、この界隈はどこに何があるなどと、充分知ったつもりになっていたのでした。

いや~、なんちゅうか、知ったかぶりの照り焼き・・・







それはともかく、この壁画にはご丁寧に 「新楽街」 の文字も入っているし、何より気になったのは 「レール」 と 「貨車」 なのです。

かつてこの藍土呈地区は海洋貿易の中心地であり、それでこの界隈にも鉄道が敷かれ、こうして貨車が並んでいたのでしょう。

まさにそれを表現しているのがこの壁画です。

調べたわけではありませんが、新楽街そのものが、鉄道跡の可能性もあります。

今や面影すらないですけどね・・・

じつは後日訪れる花蓮では、鉄道跡を復活させた地区を偶然歩きます(後日このブログにも書きます)。

ご存じのように台湾の鉄道の曙は日本統治と深く関わっているので、吾輩のような鉄分の多い(→つまり鉄ちゃん?)日本人としては大いに気になるところです。

台湾では人間が乗る旅客線以外に、サトウキビ鉄道を含む貨物線が縦横に敷かれていた時代がほんの数十年前まであったのですね。

そんな鉄道にはもちろん汽車ポッポが汽笛を鳴らしつつ走っていたわけで・・・

今こうして貨物引き込み線の壁画を見ていると、かすかに汽笛の音が聞こえたりして、いろいろ想像を巡らせてしまうのでした。







さてさて、鉄分の多い話はこのくらいでおよしになってのヨシ子さんということで・・・(≧∇≦)



ど~ですか。

吾輩は地下鉄藍(土呈)(土甫)駅の入り口まで戻ってきました。

ここは先日も写真を撮った場所で、その時も説明しましたが、左側の建物にはスーパーマーケットが入っています。

ちょっとそのスーパーに寄っていこうと思います。



ど~ですか。

食料品売り場で見かけた 「北海道チーズ」 ・・・


・・・ ほんまかいな ・・・


ということで、さすがに写真は撮れなかったのですが、そのスーパーではかなり長い間過ごしてしまい、外に出ると・・・



ど~ですか。

スーパーマーケットの後、地下鉄に乗って三多商圏駅までやって来て地上に出たところですが、ありゃ~、もう、夕暮れですな~(≧∇≦)

正面に見えている高いビルは先日登った高雄85大楼ですね。

今日はいろいろ歩き回ったので足が棒になっています。

(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!!

↓現在の話題はこの周辺です。


↓写真入り地図はこちらです。


「台湾行こらTV!」の過去記事一覧はこちら

不定期更新ですが・・・姉妹編「Rich氏と・・・アジア行こらTV!」もよろしくお願いいたします。
「Rich氏と・・・アジア行こらTV!」の過去記事一覧はこちら


○| ̄|_    cow.gif
↑そういえば今年の干支はウシですねぇ・・・このウシ君を叩いて(クリックして)縁起を担ぎませんか?
あなたには叩けるかな? ウシ君は
banner_03.gifからの使者です。Rich氏のブログは今何位かな?

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にも参加してま~す。(≧∇≦)

★このブログは購読無料で~す(≧∇≦) しか~し、たまには左側のバナーをクリックしてくれたり・・・
★↓こちらの自動車保険の見積もりをとってもらえたりするとRich氏はたいへん喜びま~す(≧∇≦)
価格.com 自動車保険
★良い保険が見つかりますよ~ん。何を隠そう前を隠そうRich氏もここで良い保険を見つけました!(≧∇≦)
Posted by Rich氏 at 18:00│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。