2009年08月19日

【台湾・高雄】「郭家」碗果肉粽店で碗果と味噌湯を喰う!

※台風8号による台湾中南部地域の甚大な災害について、台湾ファンのひとりであるRich氏は、現地罹災者の早期救助と復興を心よりお祈りしております。

台湾の被害について日本国内ではどういうわけかあまり報道されておらず、被害の深刻さについてほとんど知られていないようですが、現地大学の研究者により以下のサイトで土砂災害の航空動画が公開されています。想像を絶する災害ということがわかります。集落が完全に土砂に埋まり、影も形もなくなっている場所も散見できます。その土砂の下にはまだ百数十人もの人が埋まっているのでしょう・・・

航空動画を見ると、今後も被害者が増え復興まで相当の時間がかかると想像するのは容易です。

ひとりでも多くの日本人に台湾の現状を知っていただきたく、ここに紹介させていただきます。

<出典:逢甲大学のUAVで撮影された動画>

・小林村の左岸側山腹の広域崩壊
【88水災空中攝影-小林村影像-2】

・小林村低空飛行
【88水災空中攝影-小林村低空影像】

・信義郷神木村上游堰塞湖上空
【88水災空中攝影-信義郷神木村上游堰塞湖】


----------

ということで、まずは碗果からお見せいたしましょう。



ど~ですか。

これが碗果です。(正確には果に米偏が付きます)

碗果は以前ここ大渓で食べたことがあります。

その時は大渓の老街、すなわち古い町並みにある店だったのですが、そこで売っている碗果も古くから台湾で作られている食べ物だという説明書きがありました。

碗果自体が伝統的な食べ物なのでしょうね~



ど~ですか。

固めのゼリーのような感触も、大渓で食べたときと同じです。

ただ、大渓では甘い碗果を食べたのでしたが、こちら高雄の 「郭」 の碗果は塩味のおかず系なのでした。

これはこれで、



 うま~い!



のでした。(≧∇≦)

なにより素朴な味で、飽きの来ない味です。

伝統食らしい食べ物だと思いました。

さて、その碗果を食べながら・・・



ど~ですか。

やっぱり汁物が欲しいですな~

ということで、これは10元(約30円:訪問当時のレート)の味噌汁で~す。

安いですね~

いや、安いだけでなく・・・



ど~ですか。

このように具もしっかりと入っているのです。

豆腐の味噌汁ですね~

ちょっと入っている薬味のネギ。

そして、チョロッと見えているかつお節が旨さを保証してくれています。



 うま~い!



台湾で飲む味噌汁は決して侮れなくて、むちゃ旨いのです。

おそらく日本統治時代に味噌汁の習慣が入ったのだと思いますが、終戦後60年を過ぎた今は、もはやレトロな食べ物に位置づけられているのかもしれませんね~

ちなみに台湾では 「ミソシル」 とそのまま言えば通じるのです。

「ミソタン(味噌湯)」 と言ってももちろん通じますけどね。

さて、ここ 「郭家」 碗果肉粽店の箸袋には・・・




ど~ですか。

こんな感じで、住所は 「打狗」 と表現しています。

先日のワンちゃんの時に説明しましたが、「打狗」 は高雄の昔の書き方ですね。

それに、この店で扱う食べ物には防腐剤が入ってないようで、早く食べてねと書いてありました。

安心して食べることのできる店なのですね~

(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!!

↓現在の話題はこの周辺です。


↓写真入り地図はこちらです。


「台湾行こらTV!」の過去記事一覧はこちら

不定期更新ですが・・・姉妹編「Rich氏と・・・アジア行こらTV!」もよろしくお願いいたします。
「Rich氏と・・・アジア行こらTV!」の過去記事一覧はこちら


○| ̄|_    cow.gif
↑そういえば今年の干支はウシですねぇ・・・このウシ君を叩いて(クリックして)縁起を担ぎませんか?
あなたには叩けるかな? ウシ君は
banner_03.gifからの使者です。Rich氏のブログは今何位かな?

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にも参加してま~す。(≧∇≦)

★このブログは購読無料で~す(≧∇≦) しか~し、たまには左側のバナーをクリックしてくれたり・・・
★↓こちらの自動車保険の見積もりをとってもらえたりするとRich氏はたいへん喜びま~す(≧∇≦)
価格.com 自動車保険
★良い保険が見つかりますよ~ん。何を隠そう前を隠そうRich氏もここで良い保険を見つけました!(≧∇≦)
Posted by Rich氏 at 18:00│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。