2010年10月29日

【桃園国際空港】タクシーで在来線(台湾鉄道)桃園駅に移動する


ということで飛行機は・・・



ど~ですか。

まもなく台湾桃園国際空港に着陸ですよ~



ど~ですか。

無事到着いたしました。

いつ来ても床がピカピカできれいな空港でございます。

さて、吾輩はここから今日中に台南に移動したいので・・・



ど~ですか。

ちょと贅沢ですが、これからタクシーで移動します。

在来線(台湾鐵路局)の桃園までの移動です。

バスもあるのですが、待ち時間と所要時間を合計すると、ややもするとタクシーの4~5倍の時間がかかってしまいます。

台南まので道のりは桃園からも遠いですから、なるべく早く桃園駅に着きたいのですね。

もっとも高鐵(台湾高速鉄道=台湾新幹線)桃園駅からで台南に移動すれば一番早いのですがね・・・

でも、吾輩は在来線で移動する方が好みなのです。

新幹線はかつて乗りましたが、直線的に突っ走り、トンネルばかりで、早さの実感は楽しめたものの、車窓はあまり楽しめませんでした。(その時の話はこちら)

なので、その時も思ったのでしたが、よほどの事情がない限り、吾輩は新幹線には乗らないのですね。

幸い日本と違って、台湾では新幹線が出来ても在来線はほぼ同じように列車がたくさん運行してますしね・・・

それに、昔ながらのクネクネした線路を走っていく在来線の方が趣深いし、汽車旅という表現にぴったりです。

たとえ一番速い自強号でも、新幹線よりもよっぽど汽車旅情緒があります。

なので、今日が込みそうな土曜日ということもあって、2日前にネット予約を試みたわけでございます。(その時の話はこちら)

さあ、在来線の桃園駅に行くのはいいのですが、問題はそこですぐに出発する列車の指定席が取れるかどうかですね~

ま、取れないとなるとそこからタクシーで新幹線の桃園駅に移動して新幹線に飛び乗ればいいのです。

新幹線があるというのは、このようにプランBも考えられるということなので、やはり存在自体はありがたいですね。

新幹線の存在は保険のようなものかも?

そこまで言ったらさすがに高鐵当局も気を悪くするかな?

(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!!

↓現在の話題はこの周辺です。


「Rich氏の台湾写真ブログ」の過去記事一覧はこちら

○| ̄|_    
↑そういえば今年の干支はトラですねぇ・・・このトラ君を叩いて(クリックして)縁起を担ぎませんか?
あなたには叩けるかな? トラ君は
banner_03.gifからの使者です。Rich氏のブログは今何位かな?

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にも参加してま~す。(≧∇≦)

★このブログは購読無料で~す(≧∇≦) しか~し、たまには左側のバナーをクリックしてくれたり・・・
★↓こちらの自動車保険の見積もりをとってもらえたりするとRich氏はたいへん喜びま~す(≧∇≦)
価格.com 自動車保険
★良い保険が見つかりますよ~ん。何を隠そう前を隠そうRich氏もここで良い保険を見つけました!(≧∇≦)
Posted by Rich氏 at 18:00│Comments(2)
この記事へのコメント
こんばんは。
私は桃園空港へ23時前後到着の便を利用することが
多く、路線バスも終わっている時間帯なので、タクシーの
一択になります。(この時間帯は)もう10回以上は利用しています。
空港発は50%割り増しになるので、損した気分になり
ますが、桃園駅まで20分程度しかかかりませんね。
一方路線バスですが、運行が平均40分間隔(朝夕は
もっと多い)で、所要が平均55分(曜日や時間によって
違う。昼の便のときはよく利用。)なので、待ち時間を含
めて75分程度でしょうか。
ただし、バスは45元、タクシー550元程度なので10倍
以上も値段の差が・・・。
Posted by MAC at 2010年10月29日 21:08
MAC さん

ずっと昔ですが(確か運賃35元の頃)、21時頃のバスに乗って桃園まで行ったのですが、1時間20分以上もかかったのでしたよ。
しかも乗るまで30分以上も待たされたし。
・・・つまり合計約2時間でした。(≧∇≦)
そのとき懲りたので、その後はタクシーが多いですね~
運賃は確かに今回550元前後でしたので、お金の価値を考えるとね・・・
思えば、タクシー+新幹線だともっとかかりますね~
時間をお金で買うわけなので仕方ないでしょうけどね・・・(≧∇≦)
Posted by Rich氏Rich氏 at 2010年10月29日 22:38
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。